復刻!「アサヒ生ビール」マルエフ

先日スーパーで思わずジャケ買いした「アサヒ生ビール」マルエフ。可愛いです、素敵です。。
2021年9月に発売され、一時販売を休止する程の好調ぶりでしたが11月末に販売再開しました。

最初の始まりは1986年「アサヒ生ビール」として販売されヒット商品となりました。
翌年には「アサヒスーパードライ」が発売されスーパードライの製造に注力するために、アサヒ生ビール缶は1993年惜しまれつつ終売となっていました。

そんなアサヒ生ビールの缶が、スーパードライと並ぶようなレギュラービールを作るというビジョンを目指し復活したのです。

ADの方がデザインに関して心がけたのは、
✔︎ビールジャンルの中で圧倒的においしそうに見えること
✔︎銀蓋・銀缶のスーパードライと2本柱の商品になるように、金蓋を用い、見た瞬間に金缶(=王道生ビール)に見せること

だそう。

歴史とデザインの仕掛け、納得です。
一見可愛いだけで終わってしまいそうなレトロデザインを可愛い中にも強いメッセージを感じるまでのクオリティに押し上げるには、洗練の追求(これがとっっっても難しいですが)に加え、歴史的なストーリーが背景にあるからだと思います。

味は、スーパードライよりコクがあるような感じ?でしたが根っからのスーパードライ好きとしてはやっぱりビールはスーパードライです笑

oisix クレヨンしんちゃん ポスター広告

2年前の夏に春日部駅に張り出されたオイシックスの広告。かなりバズったらしいですが、恥ずかしながら私は最近知りました。

知ったきっかけはこの広告を仕掛けたクリエイティブディレクター牧野さんの取材記事。

この広告の面白さはビジュアル的内容はもちろんのこと、PRの仕方も画期的でした。

✔︎まずキャッチコピー
もう泣けますよね。。ありそうでなかった視点。たった一言なのに世のお母さんの大変さが浮かぶと共に、労いの気持ちを持ちたくなります。オイシックスというブランドにもぴったりです。

✔︎さらに打ち出し方
夏休み下旬の1週間限定で、しんちゃんの街である春日部駅に掲出しました。それを見かけた人がSNSに投稿し、メディアが取材。春日部駅だけに出した広告が自然発生的に世の中に行き渡ったのです。

すごい事ですよね。春日部駅だけの掲出を決定する潔さがあってこその話題性です。

✔︎オイシックスの提供するサービス内容
✔︎オイシックスユーザー層の気持ちにマッチしたコピー
✔︎コピーの世界観を最大限に引き出す、ゆかりの地域限定掲出

あらゆるものがベストマッチし、パワーが何十倍にもなった、これぞクリエイティブ!という広告だと思います。プロの仕事に感服です。