oisix クレヨンしんちゃん ポスター広告

2年前の夏に春日部駅に張り出されたオイシックスの広告。かなりバズったらしいですが、恥ずかしながら私は最近知りました。

知ったきっかけはこの広告を仕掛けたクリエイティブディレクター牧野さんの取材記事。

この広告の面白さはビジュアル的内容はもちろんのこと、PRの仕方も画期的でした。

✔︎まずキャッチコピー
もう泣けますよね。。ありそうでなかった視点。たった一言なのに世のお母さんの大変さが浮かぶと共に、労いの気持ちを持ちたくなります。オイシックスというブランドにもぴったりです。

✔︎さらに打ち出し方
夏休み下旬の1週間限定で、しんちゃんの街である春日部駅に掲出しました。それを見かけた人がSNSに投稿し、メディアが取材。春日部駅だけに出した広告が自然発生的に世の中に行き渡ったのです。

すごい事ですよね。春日部駅だけの掲出を決定する潔さがあってこその話題性です。

✔︎オイシックスの提供するサービス内容
✔︎オイシックスユーザー層の気持ちにマッチしたコピー
✔︎コピーの世界観を最大限に引き出す、ゆかりの地域限定掲出

あらゆるものがベストマッチし、パワーが何十倍にもなった、これぞクリエイティブ!という広告だと思います。プロの仕事に感服です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA