「アサヒ スーパードライ」フルリニューアル

私も大好き「アサヒ スーパードライ」が発売36年目で初となるフルリニューアルをしました。

公式HPによると、特長である“辛口”のコンセプトはそのままに、発売以来初めて中味の処方を変更。
“キレのよさ”を維持しながらも“飲みごたえ”を向上させたそうです。

面白いのは、この味の特長を視覚的に分かりやすく表現した“辛口カーブ”と呼ばれるグラフをパッケージに入れデザインしたところ。

私もこの“辛口カーブ”を見ながら飲んでみましたが、ほほぉ!と納得しながら飲むことができました。

正直なところ味だけでは新旧の味の差はあまり感じられませんでしたが、”辛口カーブ”の視覚情報により、新しい味の認識は得られたと思います。
視覚情報はやはり強いですね。

表パッケージは今らしさあるすっきりとしたデザイン。
マットとメタリックの質感が違うシルバーを組み合わせ充実感を持たせています。

それにしても、“辛口カーブ”と言い、キレのある色、質感、フォントと言い、男らしさは健在です。

出典:アサヒビール株式会社/ニュースリリース
https://www.asahibeer.co.jp/news/2022/0106_2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA